骨格

骨格ウェーブは肩幅広い?自分のファッションのタイプを知って活かそう!

骨格ウェーブは肩幅広い?自分のファッションのタイプを知って活かそう!

骨格ウェーブとは、骨格診断の一種で、骨格の特徴によって自分のファッションのタイプを分類する方法です。

骨格ウェーブは、骨格が柔らかく、曲線的で、女性らしい印象のタイプです。

骨格ウェーブの人は、肩や腰、ひざなどの関節が丸く、骨の隆起が少なく、肉付きが良い傾向があります。

骨格ウェーブの人は、柔らかさや優しさ、可愛らしさなどの魅力を持っています。

骨格ウェーブの肩幅広い人の特徴

骨格ウェーブの人は、一般的に肩幅が狭いと言われていますが、実際には肩幅が広い人もいます。肩幅が広いということは、肩の骨が横に広がっているということで、骨格ウェーブの柔らかさとは対照的な特徴です。肩幅が広い人は、上半身ががっしりとして見えたり、バランスが悪く見えたりすることがあります。肩幅が広い人は、自分の骨格に合わない服を着ると、さらに肩幅が強調されてしまうことがあります。肩幅が広い人は、自分の骨格ウェーブの魅力を引き出すために、肩幅をカバーするような服の選び方や着こなし方を知っておくといいでしょう。

骨格ウェーブの肩幅広い人の服の選び方

骨格ウェーブの肩幅広い人は、以下のような服の選び方をすると、肩幅をカバーすることができます。

肩のラインがぼやけるような服を選ぶ

肩のラインがはっきりとした服は、肩幅を強調してしまうので、避けるようにしましょう。肩のラインがぼやけるような服は、肩幅を目立たなくしてくれます。例えば、ドロップショルダーやラグランスリーブ、オフショルダー、ボートネックなどの服は、肩のラインがぼやける効果があります。また、肩にボリュームがある服も、肩のラインをぼやけさせることができます。例えば、フレアスリーブやバルーンスリーブ、フリルやレースなどの装飾がある服は、肩にボリュームを持たせる効果があります。

首元や胸元にアクセントをつける服を選ぶ

首元や胸元にアクセントがある服は、視線を上に集めることができます。視線が上に集まると、肩幅が目立たなくなります。例えば、ネックレスやスカーフ、カラーなどのアクセサリーをつけると、首元や胸元にアクセントをつけることができます。また、VネックやUネック、スクエアネックなどの開いたネックラインの服も、首元や胸元にアクセントをつける効果があります。

ウエストやヒップにメリハリをつける服を選ぶ

ウエストやヒップにメリハリがある服は、上半身と下半身のバランスを整えることができます。バランスが整うと、肩幅が目立たなくなります。例えば、ベルトやリボンなどでウエストをマークすると、ウエストにメリハリをつけることができます。また、フレアスカートやワイドパンツなどでヒップにボリュームを持たせると、ヒップにメリハリをつけることができます。

骨格ウェーブの肩幅広い人の服の着こなし方

骨格ウェーブの肩幅広い人は、以下のような服の着こなし方をすると、肩幅をカバーすることができます。

柔らかくて軽い素材の服を着る

柔らかくて軽い素材の服は、骨格ウェーブの柔らかさに合っています。柔らかくて軽い素材の服は、肩に沿って垂れるようになり、肩幅をカバーすることができます。例えば、シフォンやレーヨン、コットンなどの素材の服は、柔らかくて軽い素材の服です。柔らかくて軽い素材の服は、柔らかい色や柄も合います。

肩の部分に重ね着をしない

肩の部分に重ね着をすると、肩に厚みが出て、肩幅を強調してしまうことがあります。肩の部分に重ね着をしないようにしましょう。例えば、カーディガンやジャケットなどのアウターは、肩の部分に重ね着をすることになります。アウターを着るときは、肩の部分にかからないように、羽織るだけにしたり、肩から脱いだりするといいでしょう。また、ストールやマフラーなどの巻物も、肩の部分に重ね着をすることになります。巻物をするときは、首に巻くだけにしたり、肩から垂らしたりするといいでしょう。

肩の部分に飾りがない服を着る

肩の部分に飾りがある服は、肩にアクセントをつけて、肩幅を強調してしまうことがあります。肩の部分に飾りがない服を着るようにしましょう。

例えば、肩にボタンやポケット、刺繍やパッチなどの飾りがある服は、避けるようにしましょう。

また、肩にレースやフリル、スパンコールなどの装飾がある服も、肩にボリュームを持たせてしまうので、避けるようにしましょう。

肩の部分に飾りがない服は、シンプルで清潔感のある服です。シンプルな服は、骨格ウェーブの優しさや可愛らしさを引き立てます。

骨格ウェーブの肩幅広い人のまとめ

骨格ウェーブの肩幅広い人は、自分の骨格に合わない服を着ると、肩幅が目立ってしまうことがあります。

肩幅をカバーするためには、肩のラインがぼやけるような服や、首元や胸元にアクセントをつける服や、ウエストやヒップにメリハリをつける服を選ぶといいでしょう。

また、柔らかくて軽い素材の服や、肩の部分に重ね着をしない服や、肩の部分に飾りがない服を着るといいでしょう。

これらの服の選び方や着こなし方をすると、肩幅をカバーするだけでなく、骨格ウェーブの魅力を最大限に引き出すことができます。

骨格ウェーブの肩幅広い人は、自分の骨格を活かしたファッションを楽しんでください。