骨格

本気で顔を小さくしたい方向けに役立つ情報!骨格についても詳しく解説

本気で顔を小さくしたい方向けに役立つ情報!骨格についても詳しく解説

顔を小さくしたいと思う人は多いでしょう。

顔が小さいということは、美人やイケメンの条件の一つとされています。

顔が小さいと、目や鼻や口などのパーツが大きく見えて、バランスが良くなります。

また、顔が小さいと、首や肩や胸などのラインがすっきりと見えて、スタイルが良く見えます。

顔が小さいと、服やアクセサリーなどのファッションが似合いやすくなります。

顔が小さいと、若々しく見えて、年齢よりも若く見られることがあります。顔が小さいと、モテるというイメージがあります。

顔が大きく見える原因

顔が大きく見える原因は、主に以下の4つに分けられます。

脂肪

顔に脂肪がついてしまうと、顔がふっくらとして大きく見えます。特に、頬やあご、首などに脂肪がつきやすい部分は、顔の輪郭をぼやかしてしまいます。顔に脂肪がつく原因は、全身の肥満や食生活の乱れ、運動不足などが考えられます。

むくみ

顔に水分や老廃物が溜まってしまうと、顔がむくんで大きく見えます。特に、目や口の周りなどにむくみが起こりやすい部分は、顔の表情を損なってしまいます。顔にむくみが起こる原因は、睡眠不足や塩分の摂り過ぎ、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。

骨格

顔の骨格が大きいと、顔が大きく見えます。特に、顎や頬骨などの骨が張っている部分は、顔の印象を強くします。顔の骨格は、遺伝や成長の影響を受けます。顔の骨格は、外からの刺激では変えることができません。

姿勢

姿勢が悪いと、顔が大きく見えます。特に、猫背や巻き肩、ストレートネックなどの姿勢不良は、顔と首の境界が不明瞭になります。姿勢が悪いと、顔の筋肉や皮膚もたるんでしまいます。姿勢が悪い原因は、長時間のデスクワークやスマホの使用、ストレスなどが考えられます。

顔を小さくする方法

顔を小さくする方法は、顔が大きく見える原因に応じて異なります。以下に、それぞれの原因に対する方法を紹介します。

脂肪

顔に脂肪がついてしまう場合は、全身の脂肪を減らすことが必要です。顔だけの脂肪を落とすことは難しいので、ダイエットや運動をして、体重を減らしましょう。ダイエットや運動の方法は、個人の体質や好みに合わせて選びましょう。また、顔の筋肉を鍛えることで、顔の輪郭を引き締めることもできます。顔の筋肉を鍛える方法は、小顔体操や顔ヨガなどがあります。小顔体操や顔ヨガは、自宅で簡単にできるので、毎日続けましょう。

むくみ

顔にむくみが起こる場合は、水分や老廃物の排出を促すことが必要です。水分や老廃物の排出を促す方法は、リンパマッサージや冷湿布などがあります。リンパマッサージは、顔のリンパ管に沿って、指でやさしく押したり、なでたりすることで、リンパの流れを改善します。冷湿布は、顔に冷たいタオルやアイスパックなどを当てることで、血管を収縮させて、むくみを解消します。リンパマッサージや冷湿布は、朝起きたときや入浴後などに行うと効果的です。

骨格

顔の骨格が大きい場合は、外からの刺激では変えることができません。顔の骨格を変えるには、美容整形などの手術が必要です。美容整形は、顎や頬骨などの骨を削ったり、埋没させたりすることで、顔のサイズや形を変えることができます。美容整形は、リスクや費用がかかるので、よく考えてから決めましょう。また、顔の骨格を隠すことで、顔が小さく見えることもあります。顔の骨格を隠す方法は、髪型やメイクなどがあります。髪型は、前髪やボブなどで顔の面積を減らすことや、ふんわりとしたカールやパーマで顔の角度を和らげることができます。メイクは、ハイライトやシェーディングで顔の立体感を出すことや、アイラインやチークで顔の印象を変えることができます。

姿勢

姿勢が悪い場合は、姿勢を正すことが必要です。姿勢を正す方法は、ストレッチやコアトレーニングなどがあります。ストレッチは、背中や肩、首などの筋肉をほぐして、柔軟性を高めます。コアトレーニングは、腹筋や背筋などの筋肉を鍛えて、姿勢を支える力を強化します。